CONCEPT

知ってると、さらにセブが楽しくなる情報が満載! 知ってると、さらにセブが楽しくなる情報が満載!

時間が過ぎるのを忘れる?

ウォーターフロントセブシティ

セブシティのウォーターフロントセブシティに政府公認のカジノがあります。
約80台のゲームテーブルや約500台のスロットなどがあります。
入場時軽装では断られることがあるので、正装で行きましょう。

料金は「アナタ次第」?

トライシクルはフィリピンで庶民の足となっている100cc程度のオートバイにサイドカーをつけたバイクタクシー。
料金メーターなどは無いので、運転手に行き先を告げて料金交渉をします。

お気に入りの1台を見つけよう

ジープニー

庶民の足と言えばフィリピン名物のジープニー。
カラフルなペインティングは1台1台異なっていて、運転手さんの心意気を感じます。
好きな所で乗ることができ、好きな所で降りられるのでとても便利です。

見るだけでお腹がすいちゃう!

ラーシアン

ロビンソンデパートのあるフォンテ・オスメニャの北西に、煙のあがっている通りがあります。
そこには「ラーシアン」と呼ばれる炭火串焼き屋台街があり、夕方からは煙と庶民でごったがえし、活気あふれるスポットになっています。

気軽に始められるギター

気軽に始められるギター

フィリピンはギターの産地として世界的にも有名。
そのほとんどはマクタン島で作られています。
本格的なクラシックやフォークギター、マンダリンなどを買うことができます。
値段は、安いものなら1000ペソ~2000ペソくらい。

ラテン系のお祭り「シヌログ」

ラテン系のお祭り「シヌログ」

毎年1月の第3日曜日に行われるセブ島最大のお祭。
このお祭は、大航海士マゼランがフィリピンのセブ島に上陸したときに、セブ島の女王ファナに贈ったサント・ニーニョ(幼きキリスト)像を崇めるセブ版カーニバルです。
特に「シヌログ」のグランド・パレードは圧巻!1チーム100人くらいいる大所帯、総勢50組が約5kmのメインストリートを踊りながら練り歩くダンスコンテストがはじまります!
色鮮やかなドレスと賑やかな音楽はまさにアジアでありながらアジアにはないラテン系のノリです☆

セブのコンビニといえば

サリサリストア

ちょっとした買い物をするときには「サリサリストア」という小さな雑貨屋が便利。
小さなスペースに、所狭しと商品が並んでいます・・・。
シャンプー、石鹸、洗剤、調味料、お菓子、煙草、などが1回分、1個、1本単位から購入できます。

ひと味違う、いつものアレ「バナナチップ」

ひと味違う、いつものアレ「バナナチップ」

一度食べたらとまらない!
子供から大人まで大人気、3時のおやつに最適です。
フィリピンを代表する庶民派モール、SMショッピングモール各店・ランドマークなどスーパーその他お土産物店で購入できます。

「タホ」はフィリピンのデザート寄せ豆腐

フィリピンのよせ豆腐。
ただ日本とは違って、こちらでは甘い食べ物です。
よせ豆腐をヘラですくって紙コップに入れ、その上にタピオカをトッピング、さらに黒蜜をかけていただきます。

バラエティ豊かな蒸しパン

バラエティ豊かな蒸しパン

プト(Puto)は、カラフルに彩られた蒸パンみたいなライスケーキ。
紫はウベ、茶色はチョコ、緑は豆、黄色はマンゴー味。
クリスマスとか誕生日に出てくる祝い物。

フィリピンのファストフード?

焼きバナナ(バナナキュー)

フィリピン名物の「焼きバナナ(バナナキュー)」は、カルボンマーケットを散策しながら食べるのも良いでしょう。
バナナの自然な甘みに砂糖の甘さが加味されて、いかにも庶民のオヤツといった感じです。