INVESTMENT

フィリピン投資の魅力 フィリピン投資の魅力

長年「アジアの病人」と揶揄されてきたフィリピンも、最近ではアキノ現大統領政権下での財政健全化、アジア最大の経済成長率(2013年上半期)、安定したインフレ率や為替相場、格付機関による投資適格への格上げなど多くの注目が集まっております。
フィリピンには、投資するに当たり、以下のような多くの魅力があり、それらについてご説明いたします。

魅力1 高い経済成長力

2013年は世界的に経済成長が鈍化しました。
しかし、フィリピンの経済成長は加速しました。
また、ASEAN主要国の中でも高い実質GDP成長率を誇っています。
GDPの10%は、在外フィリピン人労働者(OFW)からの海外送金で支えられています。

魅力2 高齢化していない人口構成

国連は、人口ボーナスのピークを2045年と予想しています。
家族を重視する国民性もあり、出生率は高く、豊富な労働力があるため、底堅い経済成長が続くと予想されます。

  • ※人口ボーナス:生産年齢(15~64歳)人口が総人口に占める割合。
魅力3 親日的・平和的な国民性

フィリピン人の国民性は、陽気、楽観的、ホスピタリティーが高いなどという表現が良く用いられています。
左図は、18歳以上の男女100人にアンケートを取ったものです。フィリピンは9割以上が好きという結果です。

魅力4 安定した通貨(ペソ)

在外フィリピン人労働者(OFW)の大半は、稼いだお金をフィリピンの家族のもとに定期的に送金しています。
これは何を意味するかというと、常に外貨からフィリピンペソへと両替される、という事。
つまり今後も定期的に外貨からフィリピンペソへと両替される通貨の量は極めて安定して推移していくと、予測することができます。

魅力5 高い英語力

世界で3番目に英語を話す人が多い国と言われています。
東南アジア唯一の英語圏です。比較的安価な人件費ということもあり、企業のコールセンターや英会話学校など海外からのニーズが集まっています。

魅力6 地理的な優位性

東京から約4時間で、他のアジア諸国へも同程度の時間で行くことができます。
セブ島への直行便もあります。
フィリピンは、すべての東南アジア諸国に4時間以内で行ける唯一の国であり、その意味で、「東南アジアの中心」にあると言えます。

魅力7 優秀な人材・安価な人材

国家統計局国際労働機関(ILO)の調べによると、フィリピンの平均年収は、約48万円となります。
そのため、英語が可能で人件費の安いフィリピンは企業にとっても魅力的な場所と言えます。
ちなみに、家政婦を雇用した場合、マニラ圏での相場が月3000ペソ程度となります。

魅力5 高い英語力

世界で3番目に英語を話す人が多い国と言われています。
東南アジア唯一の英語圏です。比較的安価な人件費ということもあり、企業のコールセンターや英会話学校など海外からのニーズが集まっています。

魅力6 地理的な優位性

東京から約4時間で、他のアジア諸国へも同程度の時間で行くことができます。セブ島への直行便もあります。
フィリピンは、すべての東南アジア諸国に4時間以内で行ける唯一の国であり、その意味で、「東南アジアの中心」にあると言えます。

魅力7 優秀な人材・安価な人材

国家統計局国際労働機関(ILO)の調べによると、フィリピンの平均年収は、約48万円となります。
そのため、英語が可能で人件費の安いフィリピンは企業にとっても魅力的な場所と言えます。
ちなみに、家政婦を雇用した場合、マニラ圏での相場が月3000ペソ程度となります。